connecting...
Google translation for articles :
12 NEMBER donated to you!!

【近畿大学生限定】大学4回生が0からNEMを学んでみた。

nem63.03xem (12) 745 8 5
かず 2018-11-28 00:58:50

はじめまして。かずです。

 

就活もおわり、バイトも新人さんとの入れ替えで徐々にシフトも減り、暇を持て余した私は本を読んだり、Twitterを徘徊したりしています。

 

そんな中、「最近、よく耳にするブロックチェーンって何だろう?」と疑問に思いました。

すると運よく?大学から「ブロックチェーンのことが0からわかるイベントやるよ!」とメールが届きました。これは行くしかない。

 

チラシを貰ってみると、KINDAI×NEM×PoliPoli の文字が。

NEM?PoliPoli?私が学びに来たのはブロックチェーンについてなんだけど...

 

ということで、今回は、私が通う大学で行われた「第1回近畿大学ブロックチェーン101」に参加してきました。

 

登壇してくださったのは、NEM.io財団 Japan country Leaderの古賀大喜さんとPoliPoli CEO の伊藤和真さんでした。

 

 

 

NEMってなに?

チラシを貰い怪しげな「NEM×PoliPoli」の文字に不安を抱きつつ待機していると、NEM.io財団 Japan country Leaderの古賀大喜さんが登場。

 

まず簡単な自己紹介の後に、ブロックチェーンについてのお話をしてくださいました。

 

話を簡単にまとめると、ブロックチェーンは、取引内容などのデータを1つのブロックにまとめてチェーン状に繋げることでデータの改ざんや不正ができなくなる技術ということでした。

この技術は、「送金・決済・資産管理」などなどあらゆる場面で活用できるものらしいです。

 

ジビエ肉で、猟師が捕獲した野生の動物を流通させる際に、ブロックチェーンの技術を用いればデータの改ざんをなくし、データの追跡も簡単に行えるようになるなど、具体的な例も紹介していただきました。

 

ふむふむ。素晴らしい次世代の技術であることは理解できました。

でも「NEM」ってなに?ブロックチェーンなの?と思っていると古賀さんからの説明がありました。

 

「NEM」のお話として、誰にでも使いやすいブロックチェーン技術ということで後に書かせていただくPoliPoliでもトークン?の発行に使用されているのだとか。

 

コミュニティも活発で「NEMCAFE」なるものや、様々なグッズも紹介されており、ここで怪しいなんて気持ちは消え去りました。

 

お話の中で理解できたのは、「NEM」を使って自分が作ったりしたアプリ内で、トークンを自由に作れるということ。

 

もちろんブロックチェーンの強みであるデータ改ざん・不正などもできないのでセキュリティもばっちり。

 

 

PoliPoliって何?

古賀さんの次は、伊藤和真さんの登壇でした。

若い。すごく見た目が若い。と思っていたら、

伊藤和真さん私より2歳年下の19歳...

こんなあほな私と比べるのはおこがましいのですが、19歳とは思えない堂々とした話し方で、見ている未来のビジョンもレベルが違いました。

 

講演の内容は、最初は自身のPoliPoliというアプリのお話をされるかと思いきや、起業の話を中心にしてくださいました。

1番印象に残ったのは「続けている人はすごい」ということ。

起業でもなんでも、継続して続けられる人は少なく、まずは続けることが大切と仰っていました。

基本的なことなのですが基本が一番難しい。そのことを再確認させていただきました。

 

PoliPoliの話に戻します。

PoliPoliとは、政治を「エンターテイン」することで、イノベーションを起こし政治家と有権者双方のニーズを満たすために立ち上がったプラットフォームプロジェクトです。

 

PoliPoliを用いれば政治の課題に対する考えを発信出来たり、政治家の方に「この政治課題についてはこうした方がいいのではないか」など意見したりすることもできるそう

 

すごくないですか?今まで政治家の人に意見を出すだなんて、どうやってすればいいのかわからないし、無視されたりしそうだし、なかなか気軽にはできませんでしたよね。

 

今まで、「政治と自分との距離が遠いと感じる」・「自分一人が政治について何か発言しても何も変わらないのではないか」と感じて政治に興味がなかった人たちもいるはず。

 

しかし、この仕組みは政治と私たちをグッと近づけてくれ積極的に政治に参加できるようになります。

 

そして政治課題に対するあなたの考えに「いいね」がたくさん付けば(評価されれば)独自トークンがもらえるらしいです。

この独自トークンに「NEM」のMosaicが使われているそうです。

積極的に参加すればするほど報酬がもらえるのも魅力の一つですね。

 

 私も早速ダウンロードして使ってみました。

Twitterとの連携もでき、簡単に登録できます。

 

私の住む地域の議員さんは、まだあまり登録していないようではやく広まってほしいです。

t.co

最後に

今回は、ブロックチェーン知識0の暇な大学生がブロックチェーンを学んでみようと参加したイベントの感想?の記事でした。

 

が、最終的には「NEM」のファンになっていました。

 

これからのブロックチェーンを用いたサービスにどんどん使われていくのは、「誰にでも使いやすく、技術的にも優れている」【NEM】なのかなと勝手に思ってしまいました。

 

第二回以降第二回以降も参加し、記事を投稿するつもりです!

まだまだNEM初心者な私ですがよろしくお願いします。

 

※書いている内容が間違っていたらすいません。指摘のコメントなど頂けると助かります。

Twitter・ブログやってます。よろしければフォロー、閲覧していってください。

暇人大学生かず 雑記 Blog

かず🍵くりぷと大学生

 

おわり

 

 

 

 

 

Why don't you get crypt currency 'nem' by posting your blog article?

nemlog is blog posting service which has donation feature by crypt currency nem.
nemlog was launched to create environment which can be donated nem among NEMbers via blog articles.
Let's get nem by posting good blogs.

Nem prize event is being held frequently, Please join us on this opportunity!

nemlog registration from here
Register
Comments from NEMber
かず
2018-11-28 21:08:30ID:12523

>>ZEM🐳ZEM::さん イノベーション٩( ᐛ )و

かず
2018-11-28 14:35:23ID:12469

>>sasuke0025::さん まだまだ知識不足で活用なんて到底出来ませんが、諦めずインプットを続けていきます!

sasuke0025
2018-11-28 12:32:44ID:12450

さぁ、これをどう活用するかは君のアイデア次第だ!
期待しているよ!!

かず
2018-11-28 11:02:05ID:12436

>>づ~::さん とてもわかりやすかったです!

づ~
2018-11-28 08:01:53ID:12427

生講演うらやますい

かず
2018-11-28 02:39:10ID:12395

>>目指せ北海道::さん この他にも「近大コイン」を作ろうなど、積極的にイベントを開催してるみたいです!

目指せ北海道
2018-11-28 02:21:12ID:12392

大学でも仮想通貨の最前線が聴けるイベントが行われるようになったんですね。うちの大学にも勧めてみよう。

NEMber who posted this article

まだまだNEMを知ったばかりの初心者です!よろしくお願いします!
7923
0